FC2ブログ

日経平均株価予想と本日の先物の推移 2013年10月4日 - 日経平均株価予想 本日の推移と明日の展望



広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日経平均株価予想と本日の先物の推移 2013年10月4日

日経平均株価 14,024.31 -0.94%
日経225先物(日中) 14,040.00 -0.70%

【本日の日経平均先物の動き】

 昨日の米国市場はNYダウ・ナスダック共に下落しました。 NYダウの下落が止まりません。 とうとう15000ドルを割り込んでしまいました。 政治のゴタゴタは何時まで続くのでしょうか? 落としどころが見つからず、オバマさんは外遊を中止したようです。

 それを受けて始まった日本市場・日経平均先物は、安い寄り付きとなりました。 その後少し戻しますが戻しきれず、今度は逆に売り込まれる展開で、寄り付き値も割り込み、13940円まで下げ、これが本日の安値となりました。

 10時台は逆に右肩上がりの相場に変わり、14100円付近まで上昇し、そこからもみ合いに入りました。

 午後も水面下の浅いところでのもみ合いが続きます。 1時半を過ぎた頃にプラス圏に浮上しますが、後が続きません。 2時台はまたまた下に向かう流れとなってしまい、大引けは14040円の100円安で終了しました。

 今夜の雇用統計は延期されるそうです。 予算が決まらないといろんなものが止まってしまうんですね。 オバマさんが外遊を中止して、何とか落としどころを見つけられるのでしょうか? 来年は中間選挙がありますので、あまり長引かせると共和党も得策とは思えませんが・・・?


【明日の日経平均価予想】

 昨日の米国市場、NYダウ・ナスダックは下落しました。 NYダウは9月下旬から急降下し、止まりそうな気配は感じられません。 14800円台に抵抗線があるのですが、今のような状況が続けば抵抗線が抵抗線で無くなるかも知れません。

 一方日経平均株価も下落が止まりません。 一時昨日比変わらずに迫る場面もありましたが、結局は100円以上のマイナスで終了してしまいました。 為替しだいなのですが、今は崩壊する可能性が迫っていますので、ドルは買えませんよね。 そんなことは無いと思っていても買いは手控えられても仕方の無いところです。 逆に今、勇気を振り絞ってドルを買えば、今月後半には儲かるかも知れませんね。 責任は持てませんが・・・。

 来週月曜日の日経平均株価予想は、下落予想しか無いでしょう。 しかし、この週末にオバマさんが頑張って、予算と連邦債務上限引き上げをまとめてしまえば急上昇するでしょう。 頑張れオバマ!

 アンケートフォームを設置しました。 明日の日経平均株価はどうなるか?ご意見をお聞かせ下さい。 株価は多数決で決まると言われています。 できるだけ多くの方が参加してくだされば、統計学上のサンプルとなるかも知れません。 勿論希望や期待もOKです。 コメント、性別、年齢、地域は入れなくても投票できます。 投票して頂ければ結果が見られるようになっています。 宜しくお願いします。



ブログランキングに参加しています。
宜しく御願い致します。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングとは、カテゴリごとに分け、ランキング形式で表示し、支持の高いブログが上位に表示されるシステムです。
あなたの欲しい情報が見つかるかも!

にほんブログ村 株初心者へ

ブログ村も人気ブログランキング同様、人気のブログが上位に表示されます。当サイトは初心者のカテゴリに登録しています。
あなた好みのブログが見つかるかも!


おすすめ書籍・DVD

パンローリング

【10月の新刊】

トレードシステムはどう作ればよいのか 1
トレーダーが最も知りたい検証のイロハ!売買システム分析で業界随一のフューチャーズ・トゥルース誌の人気コーナーが本になった!システムトレーダーのお悩み解消します!検証の正しい方法と近道を伝授!

市場間分析を利用したデイトレード入門 DVD
本DVDでは、日経225先物、TOPIX先物、クロス円といった日本の投資家に馴染みのある市場を利用し、市場間分析の一端をお見せできればと考えています。

通貨ペアの相関を使ったトレード法 DVD
本DVDでは通貨ペアの選び方と通貨ペアの相関について、 またトレードする時間軸の選び方についてお話ししたいと思います。



日経平均株価予想 本日の推移と明日の展望TOPに戻る


関連記事

コメント
非公開コメント

トラックバック

https://kabubox.blog.fc2.com/tb.php/1947-22fb1d98

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。